COLUMN

主婦起業でおすすめの仕事・職種

主婦起業でおすすめの仕事・職種は?軌道に乗せるステップと失敗しないポイント

働き方

2024.06.12

主婦の起業では、家事や育児との両立が求められる方もいらっしゃるでしょう。

その場合は、時間の使い方や経営のスキルが重要になります。しかし、しっかりと事前準備をしておけば、成功することは十分可能です。

本記事では、主婦が起業するにあたっておすすめの仕事や職種について紹介し、事業を軌道に乗せるためのステップや失敗しないポイントを解説します。

目次

主婦起業で成功している仕事・職種は?

近年、主婦が起業して成功を収めるケースが増えています。家庭と両立しながら経営者として事業運営を行い、安定した収入を得る姿は、多くの人々にとってまさに理想的な姿といえるでしょう。

まずは、主婦起業で成功している仕事や人気の職種を紹介します。具体的なビジネスの内容を把握し、主婦が個人事業で活躍する姿をイメージしてみてください。

オンラインショップ

オンラインショップは初期費用が比較的少なく、ネット上でショップさえ開設してしまえば準備完了。手作りの商品や海外で収集した商品をオンライン上で販売するというスタイルは、自宅での仕事に最適です。

また、ショップ運営の経験を積むことで、将来的には大規模な事業へと発展させることもできます。

ライティング・翻訳

ライティングや翻訳も主婦の起業家に人気です。まず、ライティングや翻訳は自宅で簡単に始められるため、家の中で仕事を完結できるのが大きなメリット。特に、小さいお子さんがいる女性にとって、時間や場所にとらわれずに働ける点は大きな魅力といえるでしょう。

また、これらの仕事は初期費用がほとんどかからず、パソコンとインターネット環境があれば始められます。

さらに、クラウドソーシングサービスを利用することで、依頼元が明確な案件が見つかりやすく、初心者でも取り組みやすいです。

ウェブデザイン

ウェブデザインは創造性と技術を活かした仕事で、子育て中の女性にもおすすめです。資格がなくても、自宅でオンライン講座を受講しながらスキルを習得できます。

初期費用も比較的少なく、パソコンとデザインソフトがあれば始められます。多くの企業や個人がウェブサイトを必要としているため、需要が高く、安定した収益を見込めるでしょう。

ハンドメイド作家

ママに人気の「ハンドメイド」は、細かい作業が得意な方や、手芸や工作が好きな方におすすめの仕事です。子どもの洋服やアイテム、ママ向けのアクセサリーなど、さまざまなジャンルがあります。

「作品」として自分の世界を表現し、それを喜んでくれるファンができるのも楽しさの一つです。

一方で、ハンドメイド販売は材料費がかかります。大きく稼ぐのは難しいかもしれませんが、自分の手で大好きな作品を作る時間は何物にも代えがたいです。

個人で始める場合、初期準備や材料費などの問題に直面することもありますが、子育て中のママにとっては自宅でできる理想的な仕事です。

また、会社を設立してビジネスを拡大する道や、作り方を教えるワークショップ教室の開催など、働き方の幅は無限大です。

家事代行・ベビーシッター

お客様のご自宅に訪問し、掃除、洗濯、料理などの家事全般を引き受けます。

家事代行にはそれぞれの強みがあり、すべてを完璧にこなす必要はありません。掃除が得意、料理が好きといった、家事の中で一つでも得意な分野があれば、家事代行に向いています。

ベビーシッターも含め、企業に雇用されるのではなく、フリーランスとしてマッチングサイトや家事代行サービスに登録することで、働く時間を自由に調整することが可能です。

カウンセラー

カウンセラーとして起業するには、心理学やカウンセリングの資格が必要です。

しかし、経験を活かし、人々の悩みに寄り添い、サポートする仕事は非常にやりがいがあります。オンラインカウンセリングの形でサービスを提供すれば、時間と場所を自由に調整できるでしょう。カウンセリングは信頼が重要で、口コミや紹介で顧客を増やすことが可能です。

相手目線になって物事が考えられる方、傾聴の姿勢を大切にしている方は、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

塾や習い事の講師

教育に関心がある主婦にとって、塾や習い事の講師は魅力的な職種です。

塾や習い事の講師として起業する際、学生時代にアルバイト経験がある方は、その経験を活かして比較的スムーズに始められるでしょう。

また、アルバイト経験を通じて得た教育方法や指導のテクニックなど、知識やスキルも役立ちます。自信を持って授業を進められ、起業初期の不安も軽減するでしょう。

サロンのセラピスト

セラピストとして自宅サロンを開業するのも一つの方法です。リラクゼーションや美容に関する資格を取得し、自宅の一部をサロンにすることで、初期費用を抑えられます。

リラクゼーションや美容サービスは多くの人に求められており、固定客を獲得することで安定した収益を期待できます。

セラピストも家庭と両立しながら、自分のペースで働ける人気の職種です。

専業主婦が起業する仕事の見つけ方

新たな可能性と自立を求める多くの女性や専業主婦にとって、起業する仕事を見つけることは大きな第一歩です。

しかし、どのようにその一歩を踏み出せば良いのでしょうか。そこでここからは、専業主婦が起業する仕事を見つけるための方法をご説明します。

主婦の経験が活きる仕事を探す

専業主婦ならではの経験を活かせる仕事がおすすめです。たとえば、日々家事や子育てに専念しているからこそ、家庭内でのニーズや課題を理解しやすく、それに応えるサービスを提供できます。

また、専業主婦では隙間時間が多く発生するため、その隙間時間をうまく活用できれば、家事や育児との両立も比較的容易です。すでにお伝えしたオンラインショップの運営やブログの執筆、フリーランスのライターやデザイナーとしての活動など、自宅で行える仕事が多くあります。

これらの仕事は、自分のペースで取り組め、比較的ワークライフバランスを実現しやすいです。

結婚前の仕事経験を活かす

結婚前の仕事経験や知識を活かせる仕事もおすすめです。たとえば、会社員時代に広報やクリエイティブ系の仕事をしていた方は、Webライターや動画編集者としてチャレンジする道もあります。

もともとある専門知識を活かして、WebサイトやSNSのコンテンツを作成することで、高い収入を得ることもできるでしょう。

また、法律や会計などの知識を持っている場合は、Webライターとして独立し、専門家として監修したり、質の高い記事を執筆することもできます。特に専門知識が必要な案件は単価が高い傾向にあり、高収入も夢ではありません。

趣味や特技を仕事にする

趣味や特技を活かして起業するのも一つの選択肢です。好きなことを仕事にでき、自分ならではの強みを発揮できます。

趣味や特技を活かせる仕事として人気なものは次のとおりです。

  • ハンドメイド作品の販売
  • ピアノ・楽器教室
  • ネイルサロン・エステサロン
  • ヨガ・ピラティス教室

これらの仕事を始める際は、利益を追求しつつ、事業を展開するためのノウハウを身につける必要があります。

また、事業形態を十分に理解し、個人経営としてスタートできるコンディションを整えなければなりません。

主婦が起業するメリットとは?

家庭を持つ女性が起業することは、自立やキャリアの拡大に向けた重要な一歩です。

続いては、主婦が起業するメリットにフォーカスし、家庭との両立や自己成長、経済的な安定性などの利点について見ていきます。

希望する収入が得られる

自分のビジネスを営むことで、収入の範囲や成長を自らの目標に合わせて選択できます。そのため、自分の努力や成果が直接的に給与に反映され、経済的な安定を手に入れられるのです。

また、起業家としての成功により、家計の収入源を増やすことができ、将来の安心や自由な生活も築けます。

何よりも自分のビジネスを通じて得た収入は、自分や家族の生活に直結するため、より意義の深いものとなるでしょう。

仕事の自由度が高い

起業する主婦にとっての利点の一つは、仕事の自由度が高いことです。

自分のビジネスを選択し、自分のペースで働けます。家庭との両立や自己成長のために、仕事の時間や場所を柔軟に調整できるので、より充実した人生を送れます。

また、自分のビジネスを自分のスケジュールに合わせて調整できるため、家族との時間や趣味の時間も確保しやすくなります。自分のビジネスを自分でコントロールできることは、自己実現への道を切り拓く重要な要素です。

主婦としての経験や人脈を活かせる

主婦がビジネスの創業者となる際には、今までの経験や築いた人脈が活かせます。

具体的には、地域コミュニティや学校、子どもの習い事などで築いた人脈も、ビジネス展開や営業活動に大きな支援となります。これにより、地域社会とのつながりを深め、信頼関係を築きながらビジネスが展開できるでしょう。

自分のやりたいことに挑戦できる

起業することで、主婦は自分の興味や未経験の分野に挑戦できます。結果として、自己成長の機会や達成感を得られるのです。

また、新しい分野に挑戦することで、自分の興味や能力を発見し、新たな可能性に挑戦できます。そのため、お金のためだけではなく、新たな人生の一歩として起業する主婦の方は非常に多いです。

キャリアの断絶が防げる

主婦が起業することで、キャリアの断絶を防げます。仕事を離れている間に生じるブランクを減らし、専門知識やスキルを維持し、さらに新たな専門知識やスキルを身につけられるからです。

また、起業することで、社会での価値や役割を再確認し、自己実現の道を切り拓けます。

社会人としてのブランクを最小限にし、より充実した人生を歩むために起業を選ぶ主婦も増加傾向にあります。

主婦が起業を成功させるためのステップ

主婦が起業を検討し、そしてビジネスとして成功させるためには慎重な計画と実行が不可欠です。

多くの挑戦や課題が待ち受けていますが、その中には充実したキャリアや経済的独立を手にする可能性も秘められています。

自由になる時間を見積もる

主婦が起業を成功させるための第一歩は、自由に使える時間を見積もることです。

家事や育児の合間の利用可能な時間を明確に把握し、1日、1週間、1ヵ月ごとに整理しましょう。

この「自由になる時間」から実際に仕事に費やせる時間を算出し、個々の仕事の単価をかけることで月ごとの売上を見積もることができます。ただし、主婦の生活は予測不能な要素が多いため、仕事に費やせる時間にはある程度の余裕を持たせることを忘れずに。

正しく見積もれていない場合、家事や育児とのバランスを崩し、ストレスや疲労が溜まる可能性があるので注意しましょう。

家族に相談して理解を得る

主婦の起業を成功させるには、家族の協力が不可欠であり、特に配偶者やパートナーの協力は欠かせません。特に、家族に起業のリスクや影響を理解してもらうことは重要です。

家族の理解を得るためにも、家族向けに事業計画書を用意し、リスクについても共有しましょう。家族が理解し協力してくれれば、時には仕事の手伝いや家事・育児のサポートをしてもらえるかもしれません。家族が自分の仲間として協力してくれれば、起業が成功する確率は高まります。

自己資金の貯蓄をする

主婦が起業するには、家計の見直しや無駄な支出の削減など、賢い貯蓄計画が必要です。

また、起業資金の調達に使える制度も調べておきましょう。地域や産業によって異なる補助金や助成金、低利融資制度などがあります。

自治体や経済団体のウェブサイトや相談窓口、起業支援センターなどで情報を収集し、自己資金の補完に役立てましょう。

使える制度を調べておく

主婦の起業に使える制度があることをご存じですか?たとえば、日本政策金融公庫の「女性、若者/シニア起業家支援資金」があります。開業7年以内の女性起業家であれば、年齢に関係なく事業資金の融資が受けられます。

具体的には、「国民生活事業」と「中小企業事業」の2種類があり、融資限度額などの諸条件が異なります。主婦が起業する際の資金調達に、これらの制度を活用しましょう。

事業計画を立てて資金調達をする

具体的な製品やサービスの内容、ターゲット顧客、販売方法、価格設定など、事業計画をしっかり立てておきましょう。事業計画は登山家にたとえると、登山計画のようなもの。計画なしでは、安全な登山は不可能です。

そして、事業計画を基に必要な資金を確保しましょう。資金調達の方法には、自己資金の投入、銀行や金融機関からの融資、投資家やベンチャーキャピタルからの資金調達などがあります。

起業家は、事業計画を基に必要な資金額を算出し、その資金をどのように調達するかを検討する必要があります。

また、資金調達の際は返済計画や利子率などの条件も考慮し、リスクを最小限に抑えなければなりません。

資金調達手段には、融資や補助金・助成金などがあり、中には主婦の起業を支援する女性向けの制度も存在するため、ぜひ事前に調べておきましょう。

起業のための手続きを確認する

個人事業の開業手続きも事前に確認してください。
主な流れは次のとおりです。

  • 税務署に開業届を提出
  • 開業後1ヵ月以内に「個人事業の開業・廃業等届出書」を管轄する税務署に提出

※青色申告や従業員の雇用には別途税務署への届け出が必要

また、2016年1月以降は、提出書類にマイナンバーが必要となりました。そのため、提出時はマイナンバーカードと本人確認書類が必要です。

主婦が起業前に押さえておきたいこと

家事や育児に忙しい毎日の中で、どのようにして起業に向けて準備を進めるべきか、何を押さえておくべきか、そのポイントを見ていきましょう。

起業の目的を明確にする

起業を考える際、まずはなぜ起業するのかを明確にすることが重要です。自分の目標や理想、やりたいことを整理しましょう。

たとえば、家計の足しにしたい、自分のスキルを活かしたい、自立したいといった具体的な目的があります。これを明確にすることで、起業に向けた準備や計画がしやすくなります。

控除や扶養などを再検討する

起業する場合、税金や社会保険などの負担が変わることがあります。結果として、家族の扶養や家計に影響を与える可能性もあるめ、起業する前に家計や税金の面を再検討しましょう。

税金の控除や扶養の範囲など、家族全体の状況に合わせて計画を立てることが重要です。

主婦起業でよくある失敗例

主婦が起業を志す際、成功事例だけではなく、失敗例も知っておくことも大切です。

ここでは、主婦の起業でよく見られる失敗例を紹介します。しっかりチェックしておきましょう。

商品単価が低過ぎる

起業時における、商品やサービスの価格設定は難しい問題です。なぜなら、競争が激しい中で、安易に価格を下げることで顧客を獲得しようとすると、利益が見込めなくなります。

適切な価格設定を行うためにも、コストや市場動向を十分に調査し、顧客のニーズに適した価値を提供しましょう。

資格が売上に直結しない

資格やスキルを持っているからといって、自動的に売上が伸びるわけではありません。

顧客にとって本当に価値のあるサービスを提供できるかどうかが重要です。そのため、顧客のニーズや市場動向を把握し、資格やスキルを活かした価値提供が求められます。

自分の強みや特徴を明確にし、それをしっかり顧客に伝えることから始めましょう。

たとえば、英語を話せる人は多いですが、自分が翻訳業務を担うことで「短時間で納品できる」「英語だけではなくフランス語も扱える」など、どのようなメリットがあるのかを相手に伝えるのです。

集客の波が激しく売上が安定しない

集客が偏ったり、季節的な需要に左右されるような状況では、売上の安定が難しくなります。したがって、効果的なマーケティング戦略や顧客獲得の方法を見直し、安定した収益を得るための努力が常に求められます。

顧客の多様なニーズに対応するために、新たなマーケットや顧客層を開拓することも考えましょう。

最近では起業者向けのオンラインセミナーも頻繁に開催されているので、ぜひWebマーケティングスキル向上も目指してください。

仕事と家事・子育てが両立できない

起業家としての仕事と、家事・子育てを両立させるのは容易ではありません。

時間やエネルギーのバランスを取ることが難しい場合があります。十分なサポート体制や時間管理の工夫が必要です。家族やパートナーとの協力体制を築き、仕事と家庭の両立を図りましょう。

主婦が起業で失敗しないコツ

主婦の起業における失敗例を見てきましたが、最後に、失敗しないコツについて考えてみましょう。最初からすべて完璧にできなくても大丈夫です。

一つひとつこなしていくことで、起業家としての世界は着実に広がっていきます。

ゆとりを持って仕事ができるか

主婦が起業する際に重要なのは、家事や育児の時間を確保し、仕事に集中できるかどうかです。たとえば、子どもの学校や幼稚園の時間帯を利用して仕事を進められるかどうかをイメージしてみてください。

ほかにも、家族やパートナーと協力し合い、仕事と家庭の両立を図ることも重要です。

初期投資をかけ過ぎない

起業する際には、初期投資が必要ですが、過剰な投資はリスクを高めることになります。

具体的には、オフィスや設備の借り入れ、大量の在庫の購入などがあります。リスクを最小限に抑えるためには、必要最低限の投資で事業をスタートさせ、少しずつ拡大していく戦略が有効です。

個人事業主として始めてみる

主婦が起業を考える際、個人事業主としてスタートすることも一つの選択肢です。

個人事業主として始めるメリットは、手続きが簡単であることや、リスクを最小限に抑えられることです。しかし、家族の状況や自身の体調で仕事が継続できなくなるというデメリットも無視できません。

ネットショップを開業したり、フリーランスとして活動しながら、常に柔軟に働き方を考えていきましょう。

起業をサポートしてくれる存在はあるか

起業を成功させるためには、サポートしてくれる存在がいると心強いです。

たとえば、スクールやコミュニティ、起業支援団体などが、ビジネスアイデアの検討から起業後の成長までサポートしてくれます。

具体的には、ビジネスプランの作成やマーケティング戦略の構築、資金調達のアドバイスなど多様な支援や情報が提供されます。

ぜひ、起業支援のスクールやコミュニティへの参加も、検討してみてはいかがでしょうか。

行動力と実践力を意識する

起業家にとって、行動力と実践力は非常に重要です。起業のアイデアや計画を持っているだけでは、成功には結びつきません。具体的な行動を起こし、計画を実行することが重要です。

また、失敗や挫折があっても、それを乗り越えて成長することが大切です。

とはいえ、人はいつでも強い気持ちでいられるわけではありません。やりたいことのために心身を疲弊させては、意味がありません。たまには一休みしたり、深呼吸したりして、一息つく時間を作る意識もしっかり持ってくださいね。それが長くビジネスを続ける秘訣です。

人とのつながりを大切にする

人脈は起業家にとって貴重な資産です。起業する際には、ビジネスパートナーや顧客、支援者などとの良好な関係を築くことが重要です。

コミュニティ活動やネットワーキングイベントなどを通じて、ビジネス成功のヒントを得られることもあるでしょう。積極的に人とのつながりを広げることが成功への近道となります。

必要な勉強は惜しまない

起業を成功させるためには、必要な知識やスキルを身につけることが欠かせません。

業界のトレンドやマーケティング手法、経営戦略など、幅広い分野での学びが必要です。積極的に勉強し、自己研鑽を怠らずにビジネススキルを向上させていきましょう。

前述した、起業家向けのスクールやコミュニティに参加し、スキルアップを目指すのもおすすめです。

主婦起業で自己実現に向かって前進しよう

起業を決める時、夢を追うことも大切ですが、同時に現実も見据えて挑むことが必要です。

起業には豊富な知識や準備が不可欠で、継続的な努力や税金、確定申告などの負担も待ち受けています。ドラマや映画の世界で見るような、キラキラしたイメージだけではなく、多くの試練や努力があることを忘れずにいてください。

成功した起業家たちも、決して楽な道を歩んでいたわけではありません。

起業を考える際、自分自身に十分な熱意や覚悟があるか、しっかりと自問してみましょう。

そして、自分の可能性を信じ、自己実現に向かって前進してください。時間は誰にでも平等に与えられているのですから。